元維新支持者の反省

日本維新の会を支持していたことを反省しています

基礎自治体中心の地方自治

#維新支持者 だった私が #大阪都構想 に違和感 を持ったのは #大阪府 の #起債許可団体 と #減債基金の積立不足 を知ったからです

#政令指定都市 と #道府県 は同格ですから #東西ドイツ統一 や #韓国併合 と同じことになると思いました。

#西ドイツ から #東ドイツ へ #日本 から #朝鮮半島 へお金が流れたように #大阪市 から #大阪府 へ #お金が流れる政策 だと分かりました。

#Twitter で維新信者 の #炎上 を受けてから私は #地方自治 の #本 を #図書館 で読みました。知らないことがたくさんありました。

#大阪維新の会 が #補完性の原則 #基礎自治体優先の原則 を蹂躙しているのは問題だと思います。

#第30次地方制度調査会 の #答申 で【定義も答えられない】#二重行政 や #住民自治 の拡充は問題に挙げられてました。大阪府市の松井知事と吉村市長が問題視しています

大阪維新の会は【大阪市解体 】を主張しますが第30次 #地方制度調査会 では【 #道府県から政令指定都市への権限移譲 による一元化 】【 #地域自治区 や #区地域協議会 (総合区はまだない)】と明記されています

大阪府市副首都推進局は問題点のみ引用し答申内容は #大阪市民 に知らせていません。私は公平でなく大阪維新の会を意識した印象操作を感じます

安倍内閣は第30次地方制度調査会の答申を元に #地方分権一括法 を何回も成立させ 【国から都道府県に】【都道府県から政令指定都市を含む基礎自治体へ権限を移譲し基礎自治体の強化】をして来ました(内閣府HP参照)

基礎自治体大阪市が主役の地方自治 】か【広域自治体大阪府への集権体制】が問われており 地方分権一括法を見ても大阪府への集権体制の大阪都構想が時代遅れなのは明らかでしょう

大阪市民は大阪府民だ。大阪市だけが大阪ではないと炎上を受けましたがだからこそ基礎自治体強化の【おおさか政令市プラン】や【GREATOSAKA】 があるのです。

三大都市圏では想定されてませんが大阪市や #堺市 を中心にした #連携協約 を結ぶ方法もあります #京都市 は京都都市圏を形成しています

大阪維新の会は #指定都市都道府県調整会議 の話し合いを否定しますが大阪府 #特別区 協議会 でも話し合うことには触れません。

大阪府特別区協議会の方が #自治権 や #財源 を巡って血みどろの争いになるでしょう。大阪都構想の方が争いごとが増えるのです。大阪府特別区協議会も話し合いで決着させることに変わりありません。

人口減少社会になる中、基礎自治体の連携や基礎自治体が主役の地方自治 になるのが歴史の流れだと思います。大阪都構想基礎自治体のランクダウンで時代に逆行する政策だと思います。

#大都市地域特別区設置法 は大阪市を破壊し周辺市も特別区にしドミノ式に府下市町村全て特別区にできることは知られていません。松井知事の支配のもとに置かれる大阪府になる恐ろしい政策です。

府下市町村 が主役の地方自治。市町村連携 でできることは基礎自治体連携で取り組む。基礎自治体で足りないところを補い市町村連携の調整をするのが大阪府の役割
大阪維新の会大阪府は出しゃばりすぎています

大阪市大阪府の中心で堺市など府下市町村と連携協約で連携して大阪市自身はもちろん大阪府全体を牽引する政令指定都市 だと思います。